2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 先生から、いまのんでる薬をやめ戦後の食生活や原始生活への回帰をすすめられた  2011.10.14 | トップページ | 勉強せんとわからんような薬処方され、のちのちみょうちくりんだってあるからな 2011.11.02 »

2011年10月15日 (土)

やさしい食べ物で労わってやろうじゃないか 2011.10.15

 そもそも本来の内臓機能回復のために、肉・あぶら・砂糖を断ったわけであり、その結果として15キロの減量と相成った。もちろん治癒するためには痩せることは必須であった。
 肉断ちといっても時たま鶏肉や鹿肉は食するが、牛肉、豚肉、マトンは全く断ち、魚もあぶらののった腹の部分は良くないのでさけるようにした。食用油は上質なものを少しだけ使う。お菓子、ケーキ、飴など食べたいと思わない。

 問題は酒である。焼酎のお湯割りが許せる範囲だそうで、ビールの本物はまあまあだけど発泡酒はまぜこぜにして美味しくしている。大酒したら発散させなければならない。走るとか。

 次にわさび、からし、唐辛子、玉子はだめ。そんなことやら何やらで、「ニワトリ以下の生活じゃないか」と思ったが、それは考えすぎだった。要は良質の食材をつかえばいいだけのこと。読者のみんなは釣りで調達できるので楽だろう。

 んで、悪いのは、釣りの必需品の食料調達。コンビニ、ホッともっと、ほっかべん、即席ラーメン、などなどのジャンクフードは問題だ。

 とにかく五臓(肝・心・脾・肺・腎)にやさしい食べ物で労わってやろうじゃないかということらしい。だから過剰な塩分、食品添加物もだめですよ。

 最後に、みんなのなかでやたらと水を飲みたくなる人はいませんか。「断つ」と徐々にほしくなくなる。水をのむのが健康にいいとかでガブガブも良くないとか。まだまだたくさんあるので少しずつ体験したことを載せます。

 よんでいただいて本当にありがとうございました。

« 先生から、いまのんでる薬をやめ戦後の食生活や原始生活への回帰をすすめられた  2011.10.14 | トップページ | 勉強せんとわからんような薬処方され、のちのちみょうちくりんだってあるからな 2011.11.02 »